あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

義歯という「身」2 [義歯]

義歯にいう錯綜体でした。
ポール•ヴァレリィのいう錯綜体です。
錯綜体はこれを、身のこととして、とらえます。
市川浩は身体論という主題で展開しているのです。
ということで、このことは、市川の『身の構造』を導きにするといいでしょう。
これを参考にしながら、考察してみましょう。

義歯というものが間尺に合わないところがあります。
言い換えると使い易さが計量化できません。
この義歯の使い易さはどうでしょうか。
それは、
「デグリー3.75だ」
というようにいきません。

食べ易い義歯を取り上げます。
これを口内レントゲン映画として撮りました。
すると、口の中で踊るように働いていました。
しっかりフィックスしていません。

およそ、口にぴったりフィットしない義歯がどうして都合がいいのでしょう。

謎のようなお話です。

上のような二点、これが義歯の難しさでしょうか。
錯綜体だと言われる所以としていいでしょうか。

直線的で単一な尺度が無いこと。
義歯は体の口の機能を代行する身体であること。
このことを加味するならば、難しさが見えてきそうですね。
14Jun21

Posted by 土川院長 at 14時49分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

総義歯の話 [義歯]

顎堤 • • の、無い、総義歯を作っています。
顎の骨が退化?して、無くなってしまっています。
そういう患者さんが、やってきました。
どうやって考えていけばいいのでしょうか。
どうやって作ればいいのでしょうか。

具体的には、何処がポイントになるでしょうか。
いくつかありますが、今回はその一つです。
顎舌骨筋線を型に採れるでしょうか。
ここは顎と舌を結び、働かせる筋肉です。

俗に「滑舌」などといいます。
すなわち、顎と舌の関係です。
そして、その善し悪しに関わります。
話をする人には大切な部分です。
ここがうまく型に採れるでしょうか。

顎堤の型が採れると、義歯は半分完成します。
次は、噛み合わせを作ることです。

こうして、総義歯をトライしてみます。
14Jun10

Posted by 土川院長 at 11時42分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

アタッチメント義歯 [義歯]

義歯の修理に用いる材料のお話をしました。
今回はその装置についてお話ししましょう。
すなわちアタッチメントについてです。
義歯の場合、アタッチメントは維持に用いられます。
ここで優れた義歯の特性をお話ししましょう。
優れた義歯には次の三点を要します。
すなわち、「支持力」、「維持力」、「横揺れ防止力」です。
「支持力」は、噛む力を顎にしっかり伝える力です。
「維持力」は、保持する力です。
顎から飛び出さないように、納まってくれることです。
「横揺れ防止力」はそのままです。
すなわち、グラグラ横揺れしない力です。
この三つの力が必要です。
三つの力で、肇て、優れた義歯ということができます。

さて、アタッチメントのことでした。
磁性アタッチメントはご存知ですか?
何処かでご覧になったことがおありでしょう。
すなわち磁石の力で義歯を維持するのです。

義歯を維持する力には、他のものもあります。
釦を用いるも、ゴムリングを用いるもの、金属バネ。
などなど、たくさんの装置があるのです。
ざっと百以上あります。
中には手に入れ難いものもあります。
13Nov12

Posted by 土川院長 at 09時23分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.