あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

口臭をどうしたら防げるかしら? [口臭症]

口臭を気にする人はとても多いです。
自分お口が臭っているか、どうか。
不安な方も多いでしょう。
体調が悪いと口臭がきつくなります。
これは単純に口の中のバクテリアが増えるからです。
口の中には、普段細菌を押さえる働きがあります。
唾液の中にその働きの成分が分泌しています。
免疫グロブリンという成分がそれなのです。
体調が落ちると、その成分が少なくなります。
体調がよくないときは、どうしたらいいでしょう。
そんなときは含嗽をたくさんやるといいでしょう。
これはお水でかまいません。
お茶もいいと思います。
お茶にはカテキンという成分が含まれています。
このカテキンもバクテリアを押さえます。
ミントは爽やかにする働きがあります。
野依さんがミントの成分の合成に成功しました。
以後、ミントは多用されています。
歯磨きなどの日用品によく見かけますね。
これらを有効に取り入れて、お手入れにつとめてください。
12Jun11

Posted by 土川院長 at 15時03分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

自臭症再び1 [口臭症]

アクセス数が六百を超えてきたので、「院長ブログ」を振り返ってみる。
なかでも「自臭症」という記事は、なんと二十三万三千件を数える。
驚異的な数字だ。
それだけこの症状に悩む人が多いということだ。
ということは、この問題は奥が深く、これの解決は難しいことも表している。

そこで改めて考えてみようと思う。
すなわち、難問題へのアプローチ。

数学ではよくなされる手法がある。
それは、類似の簡単なテーマを選び、そこから逆転の発想で問題解決する、というものである。
数学的難問へのアプローチ、ここでは多角系の内角の総和を考えてみよう。
直感では分かり辛い。
そこに〈三角形の内角の総和は2直角〉ということが分かっている。
各々の頂点から補助線を引いて、重複しない幾つかの三角形に分割する。
すると次の式が導かれる。

(N―2)×180度

この式は多角形の内角の総和を表している。

この数学的手法が、「自臭症」という難問に応用できないか、これがこの項目でのテーマである。
そこで、自臭症を考えるときの、類似の簡易な問題設定はどこにあるだろうか。

さて、自分の臭いが「周りに漏れ出ているのではないか」という心配。
こういうことに懸念を持つ人が、これほど多いということは、いったいどういうことだろうか。
ないものをあると感じることは、妄想といっていい。

精神医学では、このことを何といっているのだろうか。
関係妄想という。
確かに自分の周囲との関係にナーヴァスになる人が多い。
だが、自臭症にはこういった精神医学的なアプローチだけでは不十分で、これで満足する患者さんは少ない。
ではどう考えたらいいのか。
まず近しい人に話してみることではないだろうか。
勇気を持って訊ねる。
「私の口って、臭う」
これが第一歩だと思う。
11Sep29

Posted by 土川院長 at 09時33分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

自臭症2 [口臭症]

世の中に「私は臭う」ということで、とても大きな悩みを抱いている人が居ます。

そこで、当院では「口が臭う」と悩む人を診ています。

臭いオナラが出てしょうがない、という方も要るでしょう。
ですが、これは内科のお仕事に思います。
口が臭う人、これが対象なのです。

そこで以前このように触れました。

《診療室では「口臭がある」と訴えてくる人があります。でも、ご本人が仰るほど、匂わないんです。口に鼻を近づければ匂わないことはない。でも、傍に居て不快なほどではないのです。生理的な範囲で、ごく普通なんです。》
私には大して臭わなかったということを正直に言いました。

《それでも「臭い恐怖」の方にとっては、辛いことなんでしょうね。/ちょっと、他人行儀に過ぎました。》

そこで、臭う恐れを抱いている人には、専門的な洗浄などのトリートメントをお勧めします。
定期的に洗うのです。

じつは、臭いの絶対量の多寡は問題になりません。
本人が、すこしでも安心できることが大事なのです。
それをきっかけに対人との関係の修復が図れればそれでいいのです。

さあ、出掛けてください。
08Dec13

Posted by 土川院長 at 09時55分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.