あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

阪大口腔生理学(その1) [咬合]

大阪大学歯学部口腔生理学は大きな貢献を為しています。
今から五十年も前のことです。
研究は重要なことです。
なかでも船越正也の研究はとても大事な発見をしています。
具体的に解説してみましょう。
彼は無蓋猫をもちいて、脳幹の電気刺激を行いました。
この実験を通じて、三叉神経中脳路核のメカニズムの発見を成し遂げたのです。
この学恩を今日に於いても深く感じています。
顎口腔系に安定と、晴明をもたらす治療のもととなります。
これを心がけねばならないということを意味するのではないだろうか。
健全な顎口腔系に支えられて、咬合の安定性を確保するということが大切です。
咬合治療の課題でもあります。
そこには、一本の歯の咬合へのこだわりが、歯科治療の基本になっています。
さらに敷衍してみましょう。
歯のみならず歯列、その土台としての顎関節等の顎口腔系全体が調和的に働くことです。
これらがあってこそ、咬合の安定性が保たれるのです。
17Jul31

Posted by 土川院長 at 16時43分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=595

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.