あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

歯の痛み2 [虫歯と痛み]

歯の痛みは辛いものです。
とくに若い人にとって歯の痛みは一層強そうに思えます。
若い人ほど歯の痛みは堪え難い傾向があります。

それでは、当院に多くいらっしゃる、お歳をめした方にはどうでしょうか。
お年寄りは、歯が沁みると訴えます。
ですがすぐに収まる傾向が強いようです。
では、どうして痛みが激しくなり難いのでしょうか。

それは神経が後退していくからでしょう。
長いこと使った歯の神経はドンドン細くなります。
しかも表面から後退するのです。
小さく、細くなった神経は、痛みが少なくなるのです。

それではお年寄りの歯はどのように対処しましょうか。
まず、何らかの消炎処置を行います。
そして様子をみます。

ということで、リスクをかけて無理矢理神経をとりのでしょうか。
その必要は少ないようです。
たとえば、循環器系リスクの多いお年寄りに、無理なことはいけません。
乱暴な処置は避けなければなりませんね。

危険な事態を招いてしまうこという懸念を、払拭することですね。
16Jun10

Posted by 土川院長 at 16時30分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=564

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.