あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

炒り豆とトロイ [虫歯と痛み]

虫歯治療の話ですが、角度を変えて語ります。
ところで、シュリーマンという人がいました。
トロイの遺跡を発掘した人です。
シュリーマンの発掘譚そのままに語れるでしょうか。

そこでは、幾層にも重なった堆積物が鍵です。
それらを、虫歯治療の中に見いだす誘惑です。
これは、場違いなのでしょうか。

そのお話を綴りたい誘惑に駆られます。
「炒り豆とトロイ」と題しては、どうなのでしょう。
果たして巧く行くでしょうか。

炒り豆とトロイが、どんなか、ゆっくりと考えてみましょう。

ということで、お話は炒り豆を食べるところからです。
たべたら、大変!
填めてあった詰め物が、動いてしまいました。
しかも、よく噛むと痛みすらあるのです。
せっせと美味しい炒り豆を食べました。
そのせいで、歯が傷んだ、ということなのでしょう。

それがきっかけとなって、来院した患者さんがいます。

そこで、詰め物を丁寧に取り除きました。
すると、その下にも、何かがあります。
欠けた部分が、築造してあったのです。
しかもご丁寧に、ピンが用いてありました。
スクリューピンの2in1というものを、使ってです。
詰め物の下の築造と歯を、ピンが止めています。
更に、この築造の下にもセメントがありました。
累々と積層されて、セメントの層が出てきたのです。

この詰め物は、何度も外れたみたいです。
外れては、やり直してありました。
窩洞を何度も、再構築して、詰め物を用いてきました。
その経過がうかがわれたのです。

このことが、何事かを想起します。

さて、小アジアに繁栄した古都トロイ。
ホメロスの『イリアス』に出てきます。
ここに出てくるイリオン=トロイ。
イリアスとは、イリオンの歌というぐらいの意味だそうです。
これの存在を疑わなかった、シュリーマン。
彼の発掘譚は、その夢物語を夢見ることでした。

と、いうことで「炒り豆とトロイ」を結びつける、これは場違いでしょうか。
14Sep01

Posted by 土川院長 at 13時41分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=532

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.