あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

夏の歯周病対策(その2) [歯周病]

暑いときはついつい水分を採り過ぎます。
かといって、水分が少ないと熱中症にもなり易いですね。
口腔乾燥症も怖いです。
そこで、夏の歯周病対策として、そんなことを考えたらよいでしょうか。

それに効果的な水分の採り方につきます。
ついつい甘いジュースなどを採り過ぎてしまいます。
ここは、お茶がよいでしょう。
お茶にも種類がたくさんあります。
煎茶、抹茶、焙じ茶、ウーロン茶、紅茶。
そのどれもが健康に著しい効果をもたらします。

そこで、沢山の種類のお茶を楽しんでは如何でしょうか。
暑い夏を、各種のお茶を効果的に採って乗り切りましょう。
17Jul31

Posted by 土川院長 at 15時30分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

この夏、歯周病を乗り切る [歯周病]

暑いときは、何を食べますか?
いついそうめんなどで、つるつると、…。
喉越しのよさにかまけてしまいそうですね。

そんなときでも、良質のタンパクを取りたいものです。
鮎の塩焼きは贅沢かも。
明太子やチーズ。

でも冬瓜とかキュウリは体が冷えてよいですね。
それから水分はこまめに採りましょう。
口腔乾燥症だと粘膜が傷みます。
歯周病が進みやすいです。

とろみのついたものも、口腔乾燥によいですね。
葛などを上手に使うとよいですね。

なんだか自分お好みばかりを掲げたようです。
この暑い夏を何とか乗り切りましょう。
17Jul29

Posted by 土川院長 at 09時45分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

歯垢•歯石に付いて [歯周病]

歯垢•歯石と歯周病の関連は深いものがあります。
では
「どれぐらいで歯垢•歯石は付くのでしょうか」
患者さんから上記のようなお訊ねがありました。
「三ヶ月で歯垢が歯石になる」
とお答えしました。
ですが、これは通り一遍の答えに過ぎません。
というのも、こんな例があるからです。
若い人は少々歯を磨かなくても、歯石が付きません。
それは下記のような理由があるからです。
歯と歯茎の溝にある機構が備わっています。
それはシャワー洗浄の働きをします。
これを小唾液腺と称します。
こういうものが随所に発達しているのです。
これが、歳をとってくると、様相がすっかり変わってきます。
そのような機構がとんとみられなくなってきます。
口腔乾燥も、小唾液腺の不足によって起きてきます。
加齢に起因する乾きなどが起きてくるのです。
年取った方は、頻繁に歯医者さんへ通ってください。
歯垢•歯石のコントロールを、丁寧にした方がいいでしょうね。
14May30

Posted by 土川院長 at 11時39分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.